海外FXを利用する前に危険性を確かめる必要性

NO IMAGE

海外FXと国内FXとの違いとは

最近では海外FXが副業として注目されていますが、利用する前に違いを確認しないと失敗するリスクがあります。
海外の業者は国内の金融庁の許可を受けていないため、口座残高不足になっても追加証拠金の請求がなくレバレッジを高く設定できます。

しかし、スプレッドが広く設定されて取引コストが高く、日本語が通じないことや不透明な部分も多くリスクが高いです。
レバレッジはテコの原理で少ない資金でも大きいポジションを持て、成功すれば多額の利益を出せる可能性があります。

また、価格変動が起きて損失を受けて口座残高不足になっても追加証拠金を請求されないため、借金を背負うリスクがなくて安心して取引ができると思われやすいです。

しかし、無許可営業のリスクもあり約定や出金を拒否されることも多く、事前に利用者の口コミや評判を確かめて決めないといけません。

どのような業者は危険なのか?

海外FXをするときは危険な業者も少なからずあり、きちんとリサーチをしてから利用する必要があります。危険な業者の特徴は金融ライセンスがなければ不正行為をされやすく、せっかく利益を出しても出金を拒否されてしまうと無意味です。

また、信託保全が義務化されていないため、倒産すれば預けた資金をそのまま失うことになります。このようなパターンは計画倒産をするためにボーナスやキャンペーンなどで利用者を集め、そのまま出金できないようにするワナを仕掛けていることが多いです。

詐欺の被害を防ぐためには金融ライセンスがあり信託保全で資金管理がきちんとされ、利用者の口コミや評判がいいことを確かめて選ぶ必要があります。

業者の内容をきちんと確かめよう

海外の業者は日本語対応のサービスがあれば安心して利用できますが、なければトラブルが起きても問い合わせることができなくなります。
このため、公式サイトが対応し、運営元の住所や名前、連絡先がきちんと記載されているか確かめて選ぶことが重要です。

業者を選ぶときは出金や入金に使える方法を確かめ、クレジットカードや仮想通貨があれば手数料が安くてスムーズにできます。しかし、銀行を使って現金を移動させると手数料が高く送金や出金に時間がかかり、非効率的になるため注意が必要です。

海外の業者はマイナーな国や地域に本社があり無許可営業も少なくないため、キャンペーンやレバレッジの高さなどで誘われないようにする必要があります。また、実績がない業者は危険性が高く、副業をする前にサービス内容を確かめて選ぶことが望ましいです。