仮想通貨のシステム流通を広げる方法

NO IMAGE

現在、仮想通貨は様々な銘柄が流通していますが、それら仮想通貨の技術は単にデータを匿名でやり取りしているに過ぎないです。言ってしまえば、本来、仮想通貨の技術という物は単に現金をやり取りするだけの趣旨で終わるという物ではなく、もっと広くに技術を広める必要性があるということです。
例えば、TarascaDAOが開発しているMythical Beingsというゲームは仮想通貨の匿名性という機能を生かしたゲームを提供しており、カードをコレクションしていくことでお金をもらうことができるというシステムを構築しています。

このように仮想通貨という物はシステムがあり、そのシステムが広がれば広がるほど利用者は増えるのですが現在、新規利用者が増え続けているかどうかといわれると微妙な立ち位置です。というのも、お金だけをやり取りするタイプの仮想通貨のシステムはすでに高額な現金が動いていて新規に参入する人物はその金額についていくことができないという問題が生じてます。

逆に価格が安い仮想通貨はどうかというと流通してないが故貨幣としての価値が見いだせず苦戦している状況です。
このような状態では仮想通貨には新しい可能性を見出すことはできません。そこで登場した方法が、ゲームの技術に利用すれば参加者の方も分かりやすく技術を知ってもらえるのではないかという試みです。

例えば、オンラインカジノなどは送金などの他出金という行為を行うことで双方にお金が動きます。このお金の動きを第三者が盗み見たり会見しなければ、オンラインカジノは安全な遊びを提供する場となります。このように仮想通貨の技術という物は現在変革期にあると言え、要は単純に仮想通貨=お金とするのではなく仮想通貨=何か遊びなどを提供するツールの一つとすることで付加価値をつけることが重要であるということです。

付加価値と言えば、仮想通貨のシステムを利用して病院のカルテなどのシステムをブロックチェーンでつなげるという構想がありましたが、その後の発展について未知数となっています。この問題は簡単に説明しますと、維持費という物がネックになったらしく、通常のネットワークで患者データをやり取りしたほうが維持費がかからないという経緯があり、導入に至ってないです。

仮想通貨のブロックチェーンの技術は安全に利用することを考えた場合維持費を必要としますので今後の課題はシステムを広げる方法と維持費であると結論付けます。