副業で仮想通貨買うならどれ?安全なコインの見分け方4選

NO IMAGE

2017から2018年頃、一気に知名度が広まった仮想通貨。
現在、日本での正式名称は「暗号資産」とされています。

一時期はビットコインを筆頭に価格が下落し、市場全体が冷え込んだ時期もありました。
しかし最近、再び市場の価格が高騰し、最高値をどんどん更新。ビットコインは600万円を越えました。
TVではコインチェックのCMが放送されるなど、仮想通貨は再び人々の興味を集めています。

「そろそろ副業で仮想通貨を運用してみようかな…」
そう考えている人もそれなりにいるはず。
確かに仮想通貨は株を買うより手順が少なく、非常に手っ取り早く売買が可能です。
でも、仮想通貨初心者が、最初にぶち当たる壁があるんです。
まさに、【どのコインを買っていいのかわからない】問題。
潤沢な資金がある人ならまだしも、数万円のへそくり程度の資金でスタートするには、ビットコインやその他有名アルトコインは高価すぎるんです。
「どうせなら、安い草コインを買って大きなリターンが欲しい!」
そう考える方のために、今回は安全なコイン・危険なコインの見分け方をご紹介します。

安全なコインの見分け方

1:運営者が頻繁に発信している

非常に安価な草コインは、将来の半端ない伸び率が見込まれるものです。
その代わり、様々な理由により「プロジェクト中止」、つまり「無価値になってしまう」リスクも同時にはらんでいます。
本当にそのコインに投資する価値があるのかどうか。
保有しているコインを引き上げるべきかどうかは、運営者の発信を見極めるとよいでしょう。そもそもホルダーに情報開示をしないコインは危険とみなすと良いかもしれません。

2:ホワイトペーペーのロードマップ通りにプロジェクトが進行している

草コインの特徴の一つに、ロードマップというものがあります。
これは、プロジェクトの将来像と、そのための開発・進出計画のことです。仮にロードマップ通りに物事が進んでいなかったとしても、運営者がその旨や理由を発信していれば、ある程度は安心して見守ることができます。

3:コミュニティが活発である

過去の草コイン相場の傾向からして、コミュニティ、つまりホルダー同士の活動が盛んなコインは相場が維持されやすいです。
さらに、コミュニティの中に運営者が混じって意見が交わされる草コインは、透明性が高いと言えるでしょう。

4:過去におかしな高騰をしていない

価格を高騰させるためだけのPUMPがされた形跡があるコインは危険と考える人は多いです。
コインの将来性を見守らず、自分だけが売り抜けたい、などの悪意のあるホルダーによって無理やり高騰させられたコインは、少なくともクリーンなものとは言えません。

以上の4つを基準にして、これからの仮想通貨投資でのコイン選びを楽しみましょう!
様々なコインが存在する中で、自分にぴったりのコインが見つかるといいですね。